<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011/07/31日 COMPLEX LIVE 当日

AM 10:30 ホテルから徒歩で東京ドームに到着。
d0197429_105958.jpg

本日はライヴ開始まで東京ドーム近接の『東京ドームシティアトラクションズ』(遊園地)で過ごす予定。

『おいおい、開演17時だって言うのに随分時間あるんじゃないの??』

この辺りなら〜皇居外苑、国会議事堂、武道館や日比谷公園などもあるから、

『何処か観光でもすれば良いのに〜』

概ねの読者がそう言うのは承知だけれど、当該の子息は小学校3年生。
健常な小学生でさえ、そんなプランつまらないと満足出来ないだろう。
軽度だが、広汎性発達障害でもあるので、おいそれと我慢が難しいのもある。

『息子さんライヴはじーっとして我慢出来るの?』

多分出来ないと思うけど、ソレとコレとは話は別。我慢して頂く他ない(笑)
【父=布袋ファン 母=吉川ファン 】
そう言う境遇下生まれた事を思い知る良い機会。

早い話…

親のギタリズム…いや、エゴイズムだ(分かる人だけ分かればよい)

だから、午前中から長時間遊園地で遊ばせる『アメ』を与え…
息子にとっては大変苦痛な大音量下でのライブという『ムチ』を打つのだ。

お互いが『WIN WIN』の関係になる為に!!(意味違い)

ま、昨日散々連れ回したから疲れているだろうという配慮もあるのだけどね。

そして、改めて子どもは『何度同じ遊具に乗っても飽きない』特性がある事を再認識した。
d0197429_1058732.jpg

遊具は元より、室内施設等の充実振りときたら…
コレだけ狭い敷地内に沢山の遊具を配置、有効に場所が使われている所を見ると
北海道の土地の広さはコチラの人からしたらかなり贅沢に映るだろうなぁとか、
考えなくても良い事を考えて過ごした。

だってさ〜時間有り余ってんだもん!!

普段ライヴでグッズ等買わない事が多いが、本州まで来てハイテンションだったのもあるし、
義援金にもなるし!!と思い、タオルとかリストバンドとか色々買ったのだった。
まぁ、なんせ絶対活動しないと思っていた21年振りのCOMPLEXライヴだしね。

周辺は時間が進むにつれ、沢山いた人が更に増え、群像が広がっていく。

PM 16:30

いよいよ初めての『東京ドーム』に、いちいち感動しながら複雑な心境で入る。
なんで複雑かって?そりゃ〜阪神ファンだから生理的にさ〜

座席に着くと、すごく心臓が高鳴る。

まずは野球人として(観戦専門)球場内の看板に目をやり『SECOMの看板だ!』とか興奮。
テレビやゲームでしか見た事無い光景が目の前にあるのだから…
田舎者にとっては物珍しい感動も、都会人には分からないのは無理も無い。

そもそも、ドーム公演は札幌ドームにE.クラプトン見に行った位。
布袋氏も吉川もライブを観に行った事はあるが、普通の2000人規模のホールもしくはアリーナ。
氷室氏の時はきたえーるで10000人規模って時もあったが、50000人ってのはスケール違い!!
d0197429_11445381.jpg

うだうだ言っているうちに間もなく開演時間になる。
この時点では、場内を珍しそうに見渡し沢山の人を見て興奮している子息だった。


PM 16:55

開演まで後5分だっ!!


To be continued!! Next episode ようやく本編突入!! (遅っ!←常用語になるみたいね)
[PR]
自身、匿名なのは置いておいて…(都合良い?なんとでも言いなされ〜)

なんだか、言う事が正義みたいな風潮。。。どうにかならないかな??
確かに言わなきゃ行けない事、お言葉を頂戴して初めて分かる事も無きにしもだけど。
攻撃対象が明確になったらトコトンっていう雰囲気がムンムンしてるというか。。。
クレーム社会ってのは身を以て分かっているが、
ここ数年、重箱の隅を突く人の増殖振りには呆れる。

便利な世の中は結構。だけど、人の本質まで便利にってのは違うんじゃないか…

あまりココで書かなかったけれど、
今回の東日本大震災だって、かなりの被害が有り、
大半の皆が共鳴してると思うけれど。

『福島の廃棄物は処理するのに放射能があるから受け入れない。』
『福島から泣く泣く転居した人に対して、放射能が移る』だとか…
挙句の果てに、
『福島の花火は、爆発した時に放射能が危険じゃ無いんですか?』って。。。

どうしても仕方無く生活してる人はどうなの?
貴方だって、今のマイホームと仕事を捨ててまで
他県に移り住まなきゃならない状況じゃないから言い放てるんでしょう?

なら、言う事を我慢したっていいんじゃ無いの?

政治の話なら食いついてもいいけど、ソレを言ったら。。
同じ国民同士争うのは『戦国時代』で終わってるんだから、いい加減一つになれよ!
(ゴメン、明治維新があったわ ww)

『日本一心』


コレに尽きるでしょ。。。


らしくない事書いちゃってスイマセン。


なんせ、缶ビール数本空けて、気が大きくなってるものですから(笑)


とか、エラそうに書いている私も匿名社会だから※おだっているのかも。。。



※〜おだつ=調子に乗る。北海道北部や東武の方言


d0197429_2163470.jpg

[PR]
不定期ではあるが、時折仲間が誘ってくれる。
私は歌が上手い訳でも、ギターに才出ている訳でもない。
だが、『BOOWY』が好きなだけ。

今日、所用で遅れてスタジオに入った。

既に連中は楽しそうにギターをかき鳴らし、
ベースラインを確保しつつ、ドラムでビートを奏でていた。
そして、気持ち良さソ〜に唄っている。

『おおー楽しそう!オレも♪』

商用目的でもない、なにかを成す訳でもない。
ただ、ただ、騒いで楽しむ。

それだけ。

非日常を味わえる。
そんな贅沢を一緒に共有してくれる面子が誇らしい。


一つ我侭言うと…『COMPLEX』もやりたいな…なんざ言ってみる(笑)

d0197429_1111068.jpg

[PR]
遭遇という言葉が適切なのかは分からない。

だけど、きょうは布袋氏の映像を見ていて興奮して眠れそうに無いので、
昔に培った、『デイリーブロガー』を思い起こし、記事をもう一本書こうと思う。

前のブログでは、1000数件記事を書いたが、
『布袋寅泰』についての記事はそう多くは無かった様に記憶している。
だが、今また殆ど読者がいないのは承知で私自身の布袋氏との出会いを書き記す。
ん〜非常に下らないという意見もごもっともだが、

『見たいヤツだけついて来い!』(布袋氏の言葉をアレンジしました。。)


わたし『きそば』の、布袋氏遭遇ヒストリーご堪能あれ!!


1994 07.26 札幌市民会館 
【GUITARHYTHM SERIOUS? TOUR】

1994 12.02 札幌月寒グリーンドーム
【GUITARHYTM SERIOUS! CLIMAX ARENA TOUR】

1996 07.01 北海道厚生年金会館
【King & Queen TOUR】

1996 12.05 札幌月寒グリーンドーム
【SPACE COWBOY TOUR】

1998 06.10 札幌月寒グリーンドーム
【SUPERSONIC GENERATION TOUR】

前から10列目位で観る事ができた!

1999 08.30 北海道厚生年金会館
 【GREATEST HITS TOUR】
初めて最前列を自力でゲットした!
『BEAT SWEET』と『BAD FEERING』のリフを、
私の頭上で奏でた事は生涯の宝である。

2002 09.04 北海道厚生年金会館
 【HOTEI ROCK THE FUTURE 2002 SCORPIO RISING TOUR】

2003 11.15 北海道厚生年金会館
【HOTEI ROCK THE FUTURE 2003~2004 DOBERMAN TOUR】

2006 05.23 札幌・STVスピカ
【HOTEI 25th Anniversary ALL TIME SUPER BEST TOUR】

2007 12.02 札幌STVスピカ
【HOTEI & The WANDERERS FUNKY PUNKY TOUR 2007-2008】

そして、布袋氏にしばらく会っていなかったが、先日…

2011 0731 東京ドーム
【東日本大震災復興支援チャリティライブ COMPLEX "日本一心"】

計11回の出会い。

上記の模様もまだ書いていないのに、こんな記事書いてしまった!


『布袋氏熱再燃〜〜〜♪』


ん?つまらなかった?しょうがないでしょ?

私のブログなんだから私のペースで書くっての。


好きなんだからしょうがない。
d0197429_232572.jpg

[PR]
Complexの楽曲で好きなのが

『RAMBLING MAN』

自身、この曲はギターソロも辛うじて弾ける希少な曲。

じゃなくってーー(笑)

先日、東京ドームに『COMPLEX』を見に行って、
吉川晃司と布袋寅泰のポテンシャルを垣間見たのだが、
たまたま『YOU TUBE』で、先に行った布袋寅泰のツアーでこんな画像があった。
読者の気持ちが同じかどうかは分からないけれど、さっき見て鳥肌立ったので、
気持ちを分かち合いたい人は見て欲しい。

布袋寅泰[RAMBLING MAN]
布袋寅泰 [PROPAGANDA] [CRASH COMPLEXION] [GOOD SAVAGE]

ンでもって、BOOWYの楽曲で好きなのが…

『BABY ACTION』

だから…興味あれば…

布袋寅泰 [INSTANT LOVE] [BABY ACTION] [RUNAWAY TRAIN]

やはり演奏は布袋氏だと改めて思ったCLOUDY HEART!
流石に氷室氏作曲だけに歌わなかったのかな?と思わせるが、
この『オケ』で歌えた観客は恨めしい〜いや、羨ましい(爆)

布袋寅泰 [CLOUDY HEART] [DREAMIN'] (audience singing)

ヤバいヤバい!2008年の何処かの夏フェスらしいけど、ミスチルと演ってるわ〜

『POISON』

収集つかないね。しかし『ようつべ』って便利だね〜☆
[PR]
2011/07/31 AM 3:54

枕が違えば寝付きが悪い。

深い眠りにつけずにいた所…

『!!!!!!!!!!!!』

グラグラと大きな揺れを感じた!

揺れが収まり、直ぐさまテレビをつけると『震度5』との事。
東京ではもう驚かない震度らしいのだが、
生粋の北海道人である私は、地震自体そう経験が無いので
否が応でも、あの『東日本大震災』の思いがよぎった。
その後、さして被害も無いと分かったので、改めて寝たのだった。

AM 7:00

d0197429_2383178.jpg


熟睡出来ぬまま朝が来た。前日あれだけ行動して疲れているかと思いきや
疲れも二日酔いも何のソノ、テンションは高い!そりゃそうだ!
なんてったって、今日は待ちに待ったCOMPLEXライヴ当日なのだから!!

朝食を頂きに一階のラウンジへ向かう。
ホテルの朝食では一般的なビュッフェ形式。
食べる事を生き甲斐にしている私にとって『こだわり』のひとときなのだ。
d0197429_2291521.jpg

ウマい不味いに限らず、効率よく食べる事が、『食べ放題』を制する一番の方程式。

黙々と食べている当人の想いとは裏腹で…相方も息子も呆れ顔。。。

『おとうさん、まだ〜いい加減にしてよ〜』

と、私のこだわりなど、すっかり蚊屋の外。

その後、『シャワーを浴びて』さすがに『コロンはたたかず』に準備完了!(NO N/Y)


AM 9:55

チェックアウトをする為、ロビーに向かう。

『おはようございます!』

ん!?

ふと横を見ると、昨日初対面にも関わらずカラオケで御一緒した
『京都のYさんMさん』からの挨拶だったのだ!

聞けば、本日少し東京観光をして京都へ車で帰るのだという。

Yさん『COMPLEXのライヴは絶対期待以上ですからお楽しみに♪』

Mさん『楽しんで来て下さいネ!内容は保証しますよ!』

と、ライヴの確約もいただいたのだった。

『お気をつけて!またどこかでお会いしましょう!写真メールしますから!』

そう言葉を交わして、ホテルを後にしたのだった。


一路、水道橋方面へ東京ドームまで徒歩で向かう。

街並が全く違うから、歩いて周りを見渡すだけでも充分楽しい♪
建物を見たり道路を見たりするだけでもウイックに富んでいて興味をソソル。
d0197429_3636100.jpg

『何でも無い様な事が幸せだったと思う』

と、いうジョージの言葉が胸に沁みるわ。(道【ROAD】を歩いているだけに…冷笑)

クダラナイ話はさておき、いよいよ『BIG EGG』の屋根が見えてきた!

『ここは東京だぜ?』

思わず氷室氏の名台詞が出てきて『しまった』が、ここは武道館じゃなくって『しまった』と思った。
(ちなみにコレは、JUST A HERO TOUR最終日にて初の日本武道館公演での台詞)


更なる冷笑へと読者を誘ってしまい申し訳ない。


To be continued!! Next episode
[PR]
7月30日(土) PM23:30

隣の席にいた、長身のメガネをかけた方から声がかかった。(ちなみにもう一人の方も長身)

『お兄さん達、今日はコンプレックス観に?ドコから来たん?』

と、声をかけられた。(おっ!関西弁だ〜)

そうして、私は北海道から来ている事と、しんたさんは地元って事を伝えて
初対面で会っていると言ったら、驚いていた(そりゃそうだよね)
ドコから来たのかを問うと京都からきたとの事!

私に対して、

『北海道から?って事は飛行機で来たんや〜!?いや〜すごいなぁ〜!!』

と、仰っていたが…お二方は、

『京都から車で東京まで高速使って来た』との事。

んっ?車でって…こちらの方が驚きなのだが、如何だろうか?(笑)

その後、COMPLEXの話題と酒の廻りも有り4人はすっかり意気投合!
しかし、会話を進めようにも非常にも閉店の時間が迫っていた。
それでもおかまい無しに、話をしていたら店主から…

『ゴメンナサイ!このビル、12時に閉まってしまうので…』

と、時計を見ると23:45分。

その後、横にあったファミレスでも行きますか?と言うも、
4名とも居酒屋でいいだけ飲食していたので、
食べる事や飲む事等ぶっちゃけどうでも良かった。
とにかく、この『COMPLEX』というユニットが21年振りに再結成し、
その喜びを分かち合う同志として、もっともっと会話がしたい。
初対面なんて事よりも、共通の音楽で話が出来るなら!

恐らく、ココに居た誰もがそう思っていた。

すると…

この中で唯一、東京在住のしんたさんから、こう提案があった。

『もう少し先にカラオケBOXありますけど、行きません?』

皆の目が輝き始め、

『いいね!皆でコンプレックス歌おうや〜』

初対面など何のソノ!!
タクシーに乗り込み、息巻いてカラオケボックスになだれ込んだのだ!

私だけ明日31日の追加公演参加のため、まだステージは見ていない。
他三名はそれを気にしてくれ、

『ネタバレ(セットリスト)になるけど、大丈夫?』

そう聞かれたが私は

『ぜっんぜん!!問題無いので、色々明日の予習させて下さい!!』

躊躇無く答えた。

『よっしゃ〜ライブ第二弾や〜っ!』

地元のしんたさんからも、この曲のときこうでしたよ!と、細かな情報を教えて頂き、
京都から来ていた、YさんMさんは大学時代の軽音楽のサークル所属で親友だそうで、
二人ともギターを弾ける方なので、今回のライブの使用ギターについても熱く語ってくれた。

そうして、『BE MY BABY』を皮切りに、
PRETTY DOLL、CRASH COMPLEXIONとライブの楽曲通りに進む。

もう、全員が半狂乱で一心不乱に合いの手を打ち、コーラスもお手のもの。
皆が知ってて大好きな楽曲だから楽しいのはお墨付きなのだ!
一人がマイクを握ると、他の人は布袋になる。様はエアーギター炸裂(爆)
エアードラム、エアーベースなどのパートも自由自在のなんでもござれ!
踊り狂う我々を周りで見ていたら、『初対面』など感じる余韻は微塵もない。
肩を組み合い大合唱、一体化していたのだから☆

そうして、2時間程経ち、気が付けばCOMPLEXの全ての楽曲を制覇していた!

これは一期一会を超えたものだったし、ものすごく楽しかった!

そうして、楽しいCOMPLEX ONLY カラオケは終焉した。

ホテル前で最後にしんたさんと抱き合って、今日の出会いと感謝を伝えた。
本当の友人だと思えたし、思って頂けた事だろう。
『今度は北海道で会いましょう!』そう言って、しんたさんと再会を誓った。

京都のYさんMさんは宿泊のホテルも一緒だったので、ロビーへ鍵を取りに向かう。
深夜2時を廻っていたが、京都のお二人はまだチエックインしていなかったのだった。。
初対面でカラオケ行くなんて!こういう出会いもあるんだね〜と、
そこで少し会話をして、お互いのアドレス交換した。
いや〜なんかまた何処かでお会いしそう!!

とにもかくにも、音楽でこれだけ人と人が結びつくなんてのはスゴい事だし、
それをさせた、布袋寅泰、吉川晃司、この両氏には心より感謝でいっぱいです。
COMPLEXというユニットが無ければ、私がこの地にいる事はなかった。

深夜2:30

明日のCOMPLEX本番前の完全なる予習ができた事に感謝しつつ、
ホテルの柔らか過ぎるベッドに埋もれたのだった。



To be continued!! Next episode
[PR]
いま執筆中シリーズ『久々の関東』に、まだ『コンプレックス』が出てきていない状況で書いちゃうけれど、
彼等のパフォーマンスを目の当たりにして何も感じないなんて事は到底有り得ない事。

そんな中…

吉川氏、布袋氏がソロツアーで北海道に来るという情報を掴んだ瞬間、
ライブ参加権確保に万全を期し、数日前にコンビニへ赴く。

d0197429_23224415.jpg


彼等のライブ参加権がわが手中に収められた、いわゆるアリバーサリー的感覚☆

いやはや、同じ年に二回も逢えるオレは果報者だわ〜♪

『やばいよやばいよー』

そりゃ〜出川も言っちゃうよ〜。
[PR]
現在が最高の形!

そう思いたい。

時が経つにつれて…

意味合いは変わる。

こちらともなく、アチラともなく…

あたしも生きている。

あなたも生きている。

すこしづつ違う事が増えてくる。

これは仕方無い。

家族と、ソレに近い者だけがソレを補正できる。

帳尻合わせなら出来ても、本心から合わせる事の『何と難しさ』よ。



秋に思う『きそばクン』なのでした〜♪
[PR]