<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日、当社所属で大シンパの結婚式に出席させて頂いた。

相当に感動した。後半はハンカチが必須だった。

ガキの頃(20代〜30代中期)は、大親友であっても、親類であっても
泣く程の感動が芽生えなかった。誰よりも祝福の気持ちは当然ある。
しかし、泣く事とワンセットで捉える事が出来なかった。
恰好付けていたのか、はたまた感情描写が薄かったのかは検証しようも無いが…

私も25歳に結婚し、32歳になって子供が産まれ
愛情というモノに対して変化がでたのだろう。
大そうな人間ではないが、博愛精神とでもいおうか?そんな感情が出てきた。
いわゆる機転の起点なのだろう。

ソレとともに、人の感動の起点と言うのは、年齢と共に変化することを改めて実感。

なんていうのかな?

その人が本気で取組んでいる事が分かるようになったというか。。

ガキの頃は他人の事なんか微塵も感じず、排除、否定しまくっていた。
40にして気が付けたのは良かったと思う。

私の様な何も特技の持ち合わせていない一般人は、
『人間形成』が出来なければ、生きる資格もないと考える。

壮大な話だが、内容は至ってシンプル。
付いてきたい人だけ付いてきたらいい。
キリストでも釈迦でもなんでもないのだから。

これだけは改めて言いたい。

ご結婚おめでとうございます!感激&感動をありがとう!!
[PR]
by kisobauz | 2012-09-25 10:35

体裁がもの言う昨今。本音で付き合えることの何と少ない事か?
政治しかり、社会しかり、職場しかり、知り合いしかり…

正直、計算して打算的に生きてるヤツってのは、初めて会って話したときからそれが分かる。
そんな人間は魅力を備えていないし、殆どの人間がコレに該当する。

ん?きそばよ。何をいっているんだ?そんなの分かる訳無いだろう!
しかも、おまえゴトキの人間に言われたく無いわ!

そんな怒号もあるのは、とるに容易い。
確かに私ごときに言われたくはないだろう。

手前味噌で恐縮だが、私は男女問わずシンパが多い方だと思う。
年上から年下迄幅広い。案外、この歳にしたら珍しいかも知れない。

約2年前。酷い裏切りを受け、精神的に深い溝を負って以来、
本質が伴わない人間を排除していくことにした。。。。
その代わり、新たな人間との接点はなるべく持つ様になった。

現在も一方的だが私自身が認めた人間となんとか絆を深めたいと思うが、
職場が違ったり、部署が違ったり、置かれている立場が違ったり厳しい現実がある。
フェイスブックという新たなツールが人間付き合いを加速してくれてはいるが、
私はどうしても面割って話をしたいのだ。

オシャレな場所で…っていうのは、どうでも良い。
空き地で缶ビール片手でも一向に構わない。

いや、…構わないんじゃなくて、財政的にそれがメインでしょ?。。。え?なにか?(爆)
[PR]
by kisobauz | 2012-09-17 06:05